電気・ガス最適組み合わせ

電気+ガスの料金(年間)比較
電気+ガスの料金(年間)年間比較グラフ
  • 電気はシンエナジーで、ガスは関電ガスの組み合わせが一番お得
  • ※電気使用量が370kWh/月(約10,000円/月)、ガス使用量が31m2/月(約5,500円/月)での
    年間料金燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金(電気)および、原料費調整(ガス)は、
    2018年7月分がそれぞれ含まれております。

検針票を用意して、
あなたのご家庭の光熱費も、診断してみましょう!

電気・ガス組み合わせ診断

現在のご使用状況を入力してください。

現在ご契約中の電気代(月)
現在ご契約中のガス代(月)

※現在ご契約中の電力会社は関西電力従量電灯Aの契約、
ガス会社は、大阪ガス一般料金の契約で試算が可能です。
また試算結果には、燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金(電気)
および、原料費調整(ガス)は、2018年7月分がそれぞれ含まれております。

診断する
電気の切り替えお申込みへ
都市ガスの自由化とは?
都市ガスの自由化
ガスには大きく分けて都市ガスとプロパンガス(LPガス)の2種類あります。プロパンガスは、先に自由化されていましたが、2017年4月から都市ガスも完全自由化となりました。
都市ガス自由化により、電気と同じくガス会社を比較して選ぶ時代がやってきました。
料金以外で気をつける点は?
料金以外で気をつける点
ガス機器の点検や故障、使用開始時の対応なども小売事業者が対応しますが、緊急性が高いガス漏れなどの対応は今まで通りのガス会社(導管事業者)が対応します。従来のガス管から供給される都市ガスであれば、会社が違っても品質は変わりません。
でんきのおトク計算
今すぐお申込み
チャットで質問
でんきのおトク計算
今すぐお申込み
チャットで質問